睡眠健康指導士ブログ

小学校学校保健委員会での睡眠講話の感想をいただきました


こんにちは。愛媛の冨山です。
2月19日の仕七川小学校での睡眠講話の感想を送っていただきました。
一部抜粋して掲載させていただきます。
1年  男子  2つがんばりたいことがあります。一つ目はねる1じかんまえまでにテレビをみたり
        ゲームをしないことです。これは目にひかりをいれないためです。
        もうひとつは、はやくねてやすみの日もはやくおきることです。まい日はたっせい
        できなくてもがんばります。
3年  女子  わたしはとくに、ねる時間、おきる時間があまりしっかりしていません。これからは
        休日も10時までにはねて、7時には起きるようにしたいです。
3年  女子  頑張りたいのは、早ね早起き朝ごはんです。私は、起きる時もお父さんやお母さん、
        お兄ちゃんにたよっています。でも、これからは、自分でアラームをしっかりセットして
        おきれるようにがんばりたいです。先生とやくそくしたのでかならずまもります。
4年  男子  夕方にねるとすいみんのリズムがくるうことや、おふろはねる1時間前に入ればよい
        ということが分かりました。他にも朝の光を浴びると、人間は1日24時間のリズムに
        なると分かったので、カーテンを毎朝あけるようにしたいです。
4年  女子  人は光をあびるとリセットされるけど、14から16時間たつとねむくなるということ
        です。光をあびたらいいということはきいたことがあったけど、ねむくなる時間は
        知らなかったので、とてもびっくりしました。
5年  男子  ぼくは、すいみんのことで知らなかったことがたくさんあってびっくりしました。
        心に残っていることは、おふろはぬるめの37~41℃くらいがいいこと、ねる1時間
        半前にはいっておくといいということでした。
6年  男子  ぼくのできないことを、2つがんばるように宣言します。
        1つ目は休日にねぼうしないことです。毎日、同じ時刻に起きるようがん張ります。
        2つ目はねる前にゲームをしないことです。
保護者     〇 いつも寝る時間のことばかり気にしていましたが、起きる時間が大切ということを
          聞き驚きました。できていないことが多いですが、少しずつ増やしていきたいです。
、       〇 朝食が夜の睡眠に関係してくることは知りませんでしたので、朝食の内容を少し
          プラスしていきたいと思います。眠りの質をよくするための大事なことをたくさん
          勉強できました。
校長先生から丁寧なお礼状を添えていただきました。
仕七川小学校の児童の皆さん、幼稚園の園児の皆さん。良い睡眠でどんどん成長していってくださいね。
仕七川小学校の校長先生、ご担当をいただいた先生。ありがとうございました。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校の子育て講演会での睡眠講話の感想をいただきました


こんにちは。愛媛の冨山です。
2月15日の東温市立東谷小学校での子育て講演会での睡眠講話の保護者の方の感想を
送っていただきました。
一部抜粋して掲載させていただきます。
〇 人間にとって‘寝る”ことの大切さを教えていただきました。日曜日などにゆっくり起きる
  ことにしてしまいがちでしたので、起きる時間を決めて早めに寝て体力回復などにつと
  めていきたいと思いました。
  親がしっかり実践しないといけないと感じました。
〇 寝る前の過ごし方が、睡眠にも大事なようなので、これからはゆったり過ごせるように
  リズムを作っていきたいです。
  朝食も簡単に済ませがちなので、朝食が眠りに関係していることを知れて、バランスを
  考えて作っていこうと思いました。
  子供と一緒に良い眠りが取れるよう話し合いたいと思います。
〇 子供に寝る大切さが分かって良かった。「家で寝なさい」といっても、なかなか実行して
  もらえなかったので、これから気にして実行できるようになるとよいと思う。
〇 「寝る間をおしんで」「睡眠をけずって」が美徳でないことを伝えていただいてよかった
  です。忙しい時代なので。
〇 休みの日も変わらず5:30~6:00頃起きるので「もう少し寝たら?」と言っていましたが
  毎朝同じ時間に起きることの大切さを知りました。
校長先生からも丁寧なご挨拶文をいただきました。
子供たちも自分自身でも考え、親子で、家庭で話し合いながら良い睡眠で元気になっていって
いただけるとうれしいです。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校の学校保健委員会で睡眠講話をしました


こんにちは。愛媛の冨山です。
2月19日上浮穴郡久万高原町立仕七川小学校の学校保健委員会で睡眠講話をさせて
いただきました。仕七川小学校は石鎚山の懐にあるといっていいような自然に囲まれた
素敵な小学校。
幼稚園の園児、児童の皆さん、保護者の方、教職員の方約35名にご参加いただきました。
学校保健委員会の委員の皆さんが、皆さんの睡眠についての調査について発表があり、
全体的には健全なのですが、眠りが足りないと思っている児童の皆さんが結構いました。
平日と休日の起床時間のずれが生じていることも発表してくれました。
人の体のすごさを光と睡眠のことから話しながらスタート。
いつものように「人間って神様が造ったとしか思えないでしょう?」
〇朝同じ時間に起きること(休日も平日も)
〇朝食は必ず食べること。たんぱく質を意識して。
〇寝る1時間前からテレビ、スマホ、ゲーム、パソコンをやめること
を理由を説明しながら進めました。
「しっかり睡眠をとることで。勉強の成績も、スポーツの成績も健康状態も良くなりますよ」
というところでは皆さんの目が輝いていたように思います。
食事をとる時間、お風呂に入る時間、温度にも触れました。
「これから頑張ること」では
「寝る1時間前から、照明を暗くしてテレビ、パソコン、スマホ、ゲームをやめてゆったり
 過ごす」をお願いしたら7割くらいの皆さんが手を挙げてくれました。
感想を聞いたら、「できていることと、できていないことがあって、できていないことは
なかなかできないかもしれないけれどか頑張ってみる」と何人もの児童の皆さんが「予防線を」
はりながら?話してくれました。
皆さん、できていること、いないことがよくわかっていること、すぐに習慣を改善することは
結構難しいことがよく理解できているのが伝わってきましたね。
明るく、優しい校長先生、ご担当いただいた先生、仕七川小学校の皆さん。今日はありがとう
ございました。良い睡眠でどんどん成長していってくださいね。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校で睡眠講話をしました


こんにちは。愛媛の冨山です。
2月15日今日は東温市立東谷小学校で睡眠講話をさせていただきました。
東谷小学校は、東温市の豊かな自然に囲まれた素敵な小学校。
児童の皆さん27名、保護者30名、教職員9名に参加していただきました。
優しく、行き届いておられる校長先生に、ご挨拶をさせていただき、ご担当いただ
いた先生に会場の音楽室にご案内いただきました。
いつもの○✕クイズを今日は利用して、講話の前段として説明していきました。
〇朝の太陽の光でリセットされること
〇リセットされて14時間から16時間でねむくなること など
例をあげながら、あらためて人間の体のすごさを話しました。
「神様が造ったとしか思えないでしょう」
〇朝、休日も含めて同じ時間に起きる
〇朝食を必ず食べる(タンパク質を意識する)
〇寝る前1時間、パソコン、スマホ、テレビ、ゲームをしないでゆっくり過ごす
ということをしっかり理由を説明しながら進めていきました。
同じ時間に起きるにしても、朝食を必ず食べる、寝る1時間前・・にしても
ただそうするというのでなく「何故」が大切ですね。
これから頑張ることでは、特に寝る前1時間テレビ、パソコン、スマホ、ゲームを
やめてゆっくり過ごすことをお願いして、手を挙げてもらったらほとんどの児童の
皆さんが手を挙げてくれました。
保護者の皆様も熱心にメモを取りながら聴いていただきました。
質問を受け付けると5人の児童の皆さんから質問。素直に熱心に聴いてくれて
いたことがよく分かりました。
東谷小学校の皆さんは、学年の垣根なく遊んでいるとのこと。
素直で、明るくて、可愛い東谷小学校の児童の皆さん、睡眠の大切さに気付き
どんどん成長していってくださいね。
東谷小学校の校長先生をはじめ、職員の先生方。今日は大変お世話になり、ありがとう
ございました。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校での睡眠講話の感想をいただきました


こんにちは。愛媛の冨山です。
2月4日の愛治小学校での睡眠講話の感想をいただきました。
一部抜粋して掲載させていただきます。
1年  女子    よるははやくねるようにします。ねるまえは、てれびをけしてはやく
          ねるようにしましょう。すぐねてくださいね。あさははやくおきる。
          やすみのひもはやくおきるようにします。
2年  女子    わたしは、すいみんをしないと、ふとるということをしっておどろき
          ました。いつもきまった時間におきたいです。
3年  男子    なるべく土日も同じ時間にねようと思いました。ぼくはさいていでも
          9じにはねようと思いました。
4年  男子    今日のすいみんの話を聞いてぼくはびっくりしました。話をきいて
          いるとカーテンを三十センチぐらいあけないといけないということです。
          話をきいていくとそのひらいているところから太陽の光で24時間が
          リセットされるということがびっくりしました。
4年  女子    「すいみん」をとることで心も体ものうも元気になると聞いてこれからは
          決めた時間にね起きしたいと思いました。
4年  男子    びっくりしたことは、まっくらなところに入れられると25時間と思って
          しまうことです。おもしろいと思いました。
5年  女子    ふとんのなかでスマホを使うのは、目が悪くなるだけではなく、すいみんが
          あさくなることがわかりました。
5年  男子    しっかりと頭を休め、日中頭がフルかいてんできるように、3つの
          ポイントを守りたいと思います。
5年  男子    一番心に残ったのは、毎日同じ時間に起きることです。休みの日には、
          7時、8時に起きてしまうので1日の生活がくることが分かりました。
          だから毎日6時に起きようと思いました。
6年  女子    今日はすいみんについて、たくさんくわしく教えていただきました。私は
          すいみん時間が少なくていつもおこられてしまうので今日の話をしっかり
          聞きました。すると私の生活はとても悪いことにすべてあてはまっていました。
6年  女子    私が一番やりやすいと思ったのは、朝ごはんにたんぱく質をとるということ
          です。朝ごはんはいつも食べているけれど「たんぱく質」はあまり意識した
          ことがなかったので、これからはできるかぎり心がけていきたいと思って
          います。
6年  男子    ぼくは今日のはなしをきいて、おそくねるとふとりやすいのがびっくり
          しました。6年生でも8時間はねないといけないのがまじかと思いました。
保護者の方の感想もいただきました。
児童の皆さん、素直に、しっかり聴いてくれていたんだなぁと感じてうれしくなりました。
感想を送っていただいたご担当の先生、ありがとうございました。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校の学校保健委員会で睡眠講話をしました


こんにちは。愛媛の冨山です
2月4日、北宇和郡鬼北町立愛治小学校で睡眠講話をさせていただきました。
愛治小学校は、豊かな自然に囲まれた素敵な小学校。
児童の皆さん21人、保護者の方、先生方に集まっていただきました。
豊かな自然の中で育っている児童の皆さん。とてもピュアで可愛いと感じました。
睡眠の仕組み、光と睡眠、食事(特に朝食)と睡眠、入浴と睡眠、夜(特に寝る1時間前)の
過ごし方を説明していきました。
1)朝(休日も)決まった時間に起きる
2)朝食を必ず食べる。たんぱく質を意識する。
3)寝る1時間前から照明を落として、テレビ、パソコン、スマホ、ゲームをやめてゆったり
  過ごす
を、理由をしっかり説明しながら話していきました。
3つの中で今日から何を頑張るかを聞いてみると、「朝(休日も)決まった時間に起きると宣言
してくくれた人が多かったです。
私は「寝る前1時間前から照明を落として、テレビ、パソコン、スマホ、ゲームをやめてゆったり
過ごすこと」を約束してほしかったので
「頑張ってくれる人?」と手をあげてもらったら、7割くらいの児童の皆さんが手をあげてくれた
でしょうか。
「質問ある人?」と声をかけていただくと8人くらいの皆さんが勢いよく手をあげてくれました。
全員の質問のお答えすることができなくて残念でしたが、皆さん熱心に聴いてくれていたことが
よくわかってうれしかったです。
優しくて、愛情いっぱいの校長先生、担当の先生、大変お世話になりありがとうございました。
愛治小学校の児童の皆さん。良い睡眠でどんどん成長していってくださいね。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校での睡眠講話の感想をいただきました


こんにちは。愛媛の冨山です。
1月23日の西条市立楠河小学校での睡眠講話の感想をいただきました。
抜粋して掲載させていただきます。
6年 女子   私は同じ時間に起きるや、朝日光をあびる等、はじめて知ったことがあったので
        とても勉強になりました。ねる1時間前にテレビなどをやめたいです。
        はじめは2週間を目指して、その後どんどん続けていきたいと思いました。
、       今日学んだことは将来宝物になると思うのでしっかりと活用していき、いいすいみんを
        していきたいです。
6年 女子   私は話を聞いて昼ねをすると、夜の睡眠を助けてくれることをはじめて知りました。
        でも15分以上の昼ねは、夜のすいみんにえいきょうが出てしまうので気をつけたいです。
        そして、私がしてみたいことは朝にたんぱく質をとるということです。
5年 女子   今日から、ゲームやテレビの時間をあらためて、たくさん睡眠をとりたいです。
保護者     質のよい睡眠がとれるための朝食メニューや寝る数時間前からの時間の使い方を具体的に
        教えていただいてわかりやすかったです。わかっていても実践できていないことがほとんど
        だったので、子供と一緒に一つだけでも,一つづつでも実践してみようと思いました。
保護者     よく寝るための習慣を○✕クイズで学習し、知らなかったことも多く、改めて我が家の悪習慣
        に気づかされました。休日も決まった時間に起きるよう心掛けたいです。
保護者     睡眠の具合(良さの程度)はわかりづらいですが、いろいろなことの積み重ねや気を付ける
        ことで、それが体全体にもたらす影響は大きいのだと思いました。できることから始めたいと
        思います。楽しい講話でした。
校長先生からも「児童・保護者・教職員に、現代の睡眠事情や睡眠とメディアの関係のついてわかりやすく
        教えていただきました。保護者、児童ともに改めて「睡眠」についてしっかり考えることが
        できた貴重な時間であり、睡眠の大切さを再認識することができたと思います」
        と丁寧なお礼の文章を添えていただきました。
感想をいただくとお話しさせていただいたことが、どのように伝わり理解していただけたかがよくわかって
うれしいですね。
楠河小学校の児童の皆さん、睡眠をよくしてどんどん成長していってくださいね。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之

        


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校での睡眠講話の感想をいただきました


こんにちは。愛媛の冨山です。
1月24日今治市立別宮小学校での睡眠講話の感想文を送っていただきました。
一部抜粋して掲載させていただきます。
4年 女子  4年生は10時過ぎにはねるということの説明を聞いたとき、私はいつも
       ねるのが11時過ぎなのでもっと、早くねようと思いました。
4年 女子  日本の国のすいみん時間が、ほかの国に比べて少ないと言っていてびっくり
       しました。すいみん時間がすくないと、生活にえいきょうをあたえると初めて
       しりました
4年 男子  睡眠不足を感じる小学生は59%なので、そんなに多いことがわかりました。
       よくねないと、けがをしやすくなるし、頭がはたらかないし、ふとるという
       ことがびっくりしました。
4年 男子  ぼくは、朝ごはんになっとうやたまごが体にいいとはじめてしりました。
       まえまでは、パンしか食べていなかったけれど、今はたまごかけごはんにして
       います。
5年 女子  私が心に残ったことは、ねる1時間前はスマホやテレビを見ないことです。
       これからは、寝る1時間前はテレビやスマホを見ないことに注意して生活
       したいです。
5年 男子  ぼくが一番特に心に残ったのは、朝目がさめたらベッドからすぐ出るという
       ことです。いつも家では目がさめてもベッドにいるので気をつけたいです。
担当していただいた先生から
参加した保護者からは、「寝る子は育つ、と言われる所以がよく分かりました」「今日教えて
もらったことを、家族にも教えてあげたい」「具体的な生活の改善策が分かったので良かった」
という感想をいただき、参加してよかったという方ばかりでした、という感想をいただきました
と書いていただいていました。
「本校児童が、睡眠をよりよくとり、生活改善することにより、視力低下する児童が少しでも
 減ることを期待して、先生が教えてくださった良い睡眠のとり方を他の学年にも広めていき
 たいと考えております」と締めくくっていただいていました。
こうして感想文をいただくと、話したことがどのように理解していただいたかがよくわかって
ありがたいです。
別宮小学校の児童の皆さん。良い睡眠でどんどん成長していってください。
ありがとうございます。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之
       


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校で睡眠講話をしました


こんにちは。愛媛の冨山です。
1月24日今治市立別宮小学校で睡眠講話をさせていただきました。
別宮小学校は今治市の中心部にある素敵な小学校。
今日は、4,5年生(69名)、保護者、教員の方(20名くらい)に参加していただき
開催しました。
校長先生にお目にかかりましたが、児童の皆さんが、テレビ、スマホ、ゲーム等で就寝が
遅くなっていることを気にかけておられました。
担当の先生は、児童の皆さんの視力が全国比でよくなかったのでスマホなどの光の長時間使用
がよくないのではないかと思っておられました。メディア機器のコントロールができるように
なればいいなあと考えておられました。
約50分の時間をいただいて話しました。
三つのこと
➀ 平日も休日も同じ時間に起きること
➁ 朝食はたくさんでなくていいから必ず取ってで、たんぱく質を意識すること
➂ 寝る前1時間は、照明を少し落として、テレビ、スマホ、ゲーム、パソコンをやめてゆったり
  過ごすこと
をお願いししました。その過程で、睡眠と光、睡眠と食事、睡眠と体温、睡眠と室温などについても
触れながら説明を進めました。
最後に特に➂の寝る前1時間のテレビ、スマホ、パソコン、ゲームをやめることを「今日から頑張る
こと宣言」してもらおうとしましたが手をあげてくれたのは4,5人。もう一回挙手をお願いしましたが
変わらず・・・。児童の皆さんはウソがつけないんだなぁと(笑)
今日話をさせてもらったことで、少しでも児童の皆さんの睡眠がよくなったり、生活習慣について家庭
での話し合いをしてもらえたらうれしいですね。
元気で、素直で、明るい児童の皆さん、優しくて、思いやりの心の豊かな校長先生、ご担当いただいた
先生、保護者の皆様、本日はしっかり話を聞いていただいてありがとうございました。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ

小学校の学校保健委員会で講演をしました


こんにちは。愛媛の冨山です。
1月23日、今日は西条市立楠河小学校の学校保健委員会で睡眠講話をしました。
楠河小学校は、西条市の高速道路の近くの豊かな自然に囲まれたとても素敵な小学校、
5年生15人、6年生14人と校長先生や先生、保護者の方15名くらい、学校薬剤師の
先生に参加いただきました。
最初に保健・体育委員会の皆さんによるさ昨年末の睡眠についての調査の発表。これが
大変によくできていて感心しました。
寝る時間、起きる時間に、休日と平日に差が見られる6年生とあまり差がない5年生。
疲労を感じるという児童はやはり6年生が多くなっています。
テレビ・スマホ・ゲームの時間が平日も休日も6年生が長い。寝る前1時間のテレビ・ゲーム
スマホも比較をすると6年生の方が時間が長いですね。
児童の皆さんは、ゲーム・スマホ・テレビと睡眠の関係も結構な割合で理解していて、ゲーム・
スマホ・テレビと学習面の関係についても関心、理解ができています。
朝、昼、夜に分けてよい睡眠のために必要なことを話していきました。
〇平日も、休日も同じ時間に起きること
〇朝食はたんぱく質を意識して必ず食べること
〇寝る前1時間は部屋を少し暗くして、テレビ、パソコン、スマホはやめてゆったり過ごすこと
をお願いしました。
特に寝る前1時間のことをお願いしましたが、「宣言してくれる人?」に手をあげてくれたのは
半数くらいだったかな?。
夢のことについて、質問をもらいました。
児童の皆さんは、本当に素直で、明るくて、優しい感じを受けました。
優しくて、細やかに気配りをされる校長先生、担当の先生に守られて、児童の皆さんはとても幸せ
だと感じました。
皆さん、良い睡眠でどんどん成長していってくださいね。ありがとうございました。
愛媛 睡眠健康指導士上級 冨山 義之


カテゴリー: 睡眠健康指導士ブログ