睡眠健康指導士について

(社)日本睡眠教育機構では、睡眠学に関する教育を通じて

正しい睡眠知識を社会の人々に伝え、

国民の健康増進に寄与することのできる人材を養成するために、

睡眠健康指導士(登録商標)の養成と資格認定をおこなっています。

継続的に睡眠知識や相談のスキルの習得の機会を提供し、

睡眠健康指導士の意欲向上をはかり、その質の継続的向上の仕組みを構築し、実施しています。  

 

資格取得者は、医師、歯科医、薬剤師、看護師、臨床検査技師、教職員、市町村保健課職員、

寝具販売、トレーナー、鍼灸師、整体師、企業人事課、保育士、介護士、塾講師等、学生、主婦他

多業種で活躍しています。

 

講師陣紹介
受講者・有資格者の声


自己の睡眠知識を深めるとともに正しい睡眠習慣を身につけ、

健康的な生活を送ることを目的に、身近な人々に正しい睡眠知識の大切さを伝えていく人材を目指します。  

6時間相当の学習プログラムを1日で行い、講座後には認定試験を行います。
合格者には日本睡眠教育機構より「睡眠健康指導士初級」の認定書を交付します。

 

睡眠学を勉強して仕事に生かしたい方、充分な睡眠がとれずうまく働けないと感じている方などを対象に
睡眠を非薬物的に認知行動療法等で改善できる知識を学ぶ講座です。
初級保持者は3時間以上の受講で資格更新となります。

初級睡眠健康指導士養成講座の詳細はこちら→ 初級講座

 

学術的な睡眠知識に加え、科学的な知見に基づき

睡眠に関するアドバイス等を 身近な人々に行ったり、

地域や団体等に対して正しい睡眠知識の普及活動を行う人材を目指します。  

 

70~80分(講義・演習・実習)を1コマとし、15時間相当のプログラムを3日間で構成します。
認定試験の合格者には日本睡眠教育機構より「睡眠健康指導士上級」の認定書を交付します。

 

正しい睡眠知識の理解により、自己の睡眠改善や仕事の能率向上のみならず
地域、職域での睡眠指導等が出来るようになることが期待されています。
上級保持者は6プログラム以上(自由選択)の受講で資格更新となります。

上級睡眠健康指導士養成講座の詳細はこちら→ 上級講座

 


 睡眠健康教育研究会

睡眠健康教育研究会は、職場や地域社会での活動研究、また睡眠指導スキルの研鑽を目的としています。
指導士の身近な活動を発表するともに、横の繋がりを持つ場としても気軽に集える場です。

全国に睡眠健康指導士が拡大するなか、
実践的な取り組み、知識、ノウハウを共有し、人的ネットワークを構築することは、
睡眠健康指導士にとって大変重要なことです。
自身の活動の発展を目指した多くの指導士の方が参加されます。

次回は2019年6月に名古屋で開催予定です。

 

『睡眠健康指導士ブログ』では、全国様々な分野で活躍中の睡眠健康指導士の活動をご覧いただけます。


 

睡眠健康指導士の累計人数

 

初級認定者2002

上級認定者559

2018年12月07日現在