第4回睡眠健康指導士交流会 関西大会2017のご案内


睡眠健康指導士の皆さまへ

 第4回睡眠健康指導士交流会を下記の要領で開催させていただきます。

 この交流会は、睡眠健康指導士による発表や交流を目的として開催するもので、
下記の内容で、6人の発表者と一般参加者の申し込みを開始させていただきます。

 

  -- 睡眠健康指導士交流会 関西大会2017 --

 平成29年4月15日(土)

 会  場 :    池坊短期大学キャンパス 洗心館 第一会議室
          京都市下京区四条室町鶏鉾町
         (京都地下鉄四条駅、阪急烏丸駅 徒歩3分)

 参加費用 :    3000円 (当日、申し受けます)

 参加資格 :    睡眠健康指導士(初級、上級)資格者
 定  員 :    40名(先着順。定員に達し次第、締め切ります)

 

募集内容

◎発表希望者(8分発表+2分質疑)110分。6人を予定しています。

  • 睡眠健康指導士の知識等を活用した活動に関する発表であれば、どんな内容でも結構です。
  • 具体的なアイデアをお持ちで、協働参加者を募集したい方
  • 応募が6人を超えた場合、事務局にて選考させていただきます。

  応募締切日:平成29315日(水)メール必着

 

◎参加希望者

  • 睡眠健康指導士の資格をお持ちの方は誰でも参加できます。

  資料の準備と会場定員のため、お申込みをお願いします。

  申込み締切日:平成29331日(金)メール必着

 

【申し込み先:bigstone[@]kcd.biglobe.ne.jp(交流会事務局)】
      注:迷惑メール防止のため付加しているアットマークの両端〔 〕は
        削除して、メールを送付ください。

 共催:睡眠健康指導士交流会 関西大会 実行委員会
 共催:(一社)日本睡眠教育機構

 ※発表者と演題が決まり次第、交流会のプログラムをご案内させていただきます。
 

 チラシのPDFファイル → 第4回睡眠健康指導士交流会 関西大会
kouryu2017-4 

 

こうちゃん。
睡眠健康指導士上級です。主に経営改善や人材育成などを行っています。
私自身も、いつも眠気と闘いながらの仕事ですが、これは単に夜食と夜更かし習慣によるものです。(^_^) 人にはアドバイスできるものの、いざ、自分の習慣を変えるのは難しいものです。日本睡眠教育機構様では、一つずつ自分の生活習慣を改善するツールを開発中です。これができれば、私もさらに能率がアップして、仕事もたくさんできるものと期待しています。

カテゴリー: お知らせ

睡眠健康指導士交流会 関西大会プログラム


睡眠健康指導士交流会 関西大会プログラム

2017koryu-program

 

特別講演および一般口演の演題、演者が決定しました。

開催日時:平成29年4月15日(土)14:00~16:30
会  場:池坊短期大学キャンパス 洗心館6階 第一会議室
京都市下京区四条室町鶏鉾町(京都地下鉄四条駅、阪急烏丸駅 徒歩3分)

参加費用:3000円 (当日、申し受けます)
定  員:50名(10名分定員を増やしました。)
  ※ 一般参加者の申し込みを4月10日まで延長します。
    申し込みが定員を超えた場合、お断りのメールを差し上げます。
    必ず参加申込をお願いします。

———————————- プログラム ———————————–

【基調講演】            

「睡眠と認知症予防」
                     日本睡眠教育機構 理事長 宮崎総一郎 先生

【一般口演】

①「中高生を中心とした生活習慣マネジメント・サポート事業に協力して」
               (京都府)宇治徳洲会病院 江口 光徳 氏

②「生活習慣病予防のための個別健康レポート作成システム」
          (滋賀県)株式会社AncientTree 代表 岡本 稔 氏

③「睡眠健康指導士として今できること!」
    (京都府)エースメディカルサポート株式会社 代表 相楽 愛子 氏

④「睡眠健康指導士としての睡眠教育(啓蒙)活動について」
    (愛媛県)産業カウンセラー、キャリアコンサルタント 冨山 義之 氏

⑤「2016年度活動報告」
            (岐阜県)上級睡眠健康指導士 黒川 久子 氏

⑥「他職種連携による睡眠講座の開催」
        (広島県)T&T タウンファーマ株式会社  平野 清子 氏

【グループワーク】

こうちゃん。
睡眠健康指導士上級です。主に経営改善や人材育成などを行っています。
私自身も、いつも眠気と闘いながらの仕事ですが、これは単に夜食と夜更かし習慣によるものです。(^_^) 人にはアドバイスできるものの、いざ、自分の習慣を変えるのは難しいものです。日本睡眠教育機構様では、一つずつ自分の生活習慣を改善するツールを開発中です。これができれば、私もさらに能率がアップして、仕事もたくさんできるものと期待しています。

カテゴリー: お知らせ